髪を成長させる毛乳頭と毛母細胞

人間の皮膚は、薄い皮である表皮と、その下にある厚い皮である真皮の二層構造で、毛髪は真皮から生えています。毛根とは皮膚の下にある毛髪を指し、皮膚から出ている部分は毛幹と言い、通称「髪の毛」と呼ばれるものです。

毛根をさやのように包んでいるのが、髪の成長を支える毛包で、この周りには網の目のように毛細血管が走り、毛髪の成長に必要な栄養分や酵素などを毛包に送り届けています。

毛根の根元は、中央がくぼんだ球状になっており、このくぼんだ部分にあるのが毛乳頭で、その周りを取り囲むように分布しているのが毛母細胞です。そしてこの二つこそが髪の毛を生み出し、成長させる最も重要な組織になります。

毛母細胞は、毛細血管から栄養分を吸収し、分化を繰り返して増殖していき、上へと押し上げられながら角化という現象をおこし、水分を失って毛に変わっていきます。毛乳頭は、髪の毛の成長をコントロールする役割を担っています。

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す