増毛法の罠

増毛法とは、現在生えている髪の毛の毛根部分に人工毛を結び付け、毛を多く見せるもので、いわゆるエクステの様なものです。

一見、手軽に毛が増えたように見せることは出来きるが、非常にリスクがあります。というのも薄くなった髪の毛自体が細く強いわけではないのに、そこに人工毛を結び付けるということは元々生えている自分の毛に相当な負担となります。

また、毛が伸びてきて根元に結んだ人工毛との結び目が上へ上がってくると、クシなどを通した時、その結び目に引っかかるなどし髪の毛が非常に引っ張られてしまいます。

その結果、髪の毛の抜け毛が増えてしまい、逆効果にもなりえます。

当然、増毛法を行う施術側(クリニックや店側)は、そんなことは知っているはずです。では、なぜそうなってしまうにも関われず抜け毛が増えやすくする増毛法を進めてくるのか?

それは、次の高額商品を売る為ではないだろうか。ずばりは「カツラ」を買わせるためである。

薄毛に悩み、藁にもすがる思いでやってきた人に、まずは「即効性」のある増毛法で「喜びを」を与え、満足させる。しかしその満足はもろ刃の剣の如くハゲを促進させる結果になる。そこで施術者(薄毛の人)は、さらに増毛を試みる。

残り少ない髪の毛により負担をかけることとなり、残された毛もどんどん抜けて行く。そうなるともはや増毛法では事足りない。しかし悩んで困り果てている施術者(薄毛の人)は、藁にもすがりたい思っている。

そこで、「では、カツラなんかはいかがでしょうか?今のカツラは被っていることが分からない位自然な仕上がりで、髪型も自由に決められます。最近若い方にも人気ですし、もう悩まなくて済みますよ♪」なんて言われれば、「これでようやく悩まなくて済むんだ」と抱えている悩みからはやく解放されたいという強い欲求があるため、二の次でそうしてしまう流れとなる。

つまり、このような流れが最初から仕組まれており、最終目的の高額なカツラを購入させるためのセールスプロモーション。その集客の第一歩が「手軽に簡単、そしてリーズナブルな増毛法」なのではないだろうか。

全てがそうとは言わないが、少なからず「現在生えている大切な毛」には、決して良いとは言えない方法ではある。

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す