プロぺシア1mg(Propecia)28錠 x 1箱(AGA治療薬)

propecia_bk__19356_zoom

商品説明

プロペシアは医学的に有効性が認められた人類で初めての「男性型脱毛」の内服薬です。

成分名はフィナステリドで、米国のメルク社が開発して1997年に米国FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。日本でも2005年に厚生労働省に承認されました。現在世界70カ国以上でAGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されています。

プロペシアは脱毛をうながす男性ホルモンの1種のDHTの働きを阻害することで、男性の若はげを治療する薬です。プロペシアを使用した人の98%に改善または現状維持の効果が出ています。

日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは、プロペシアを外用薬のミノキシジルとともに「推奨度A」に認定しています。

効果効能

フィナステリドは5αリダクターゼ阻害薬(5α還元酵素阻害薬)と呼ばれる薬で、テストテロンがDHTに変換されるのを阻害することで、脱毛の進行を止めます。フィナステリドは男性ホルモン受容体の感受性が強い人に対してより効果を発揮します。遺伝的にホルモン感受性が高くDHTが多く作られやすい人に対して、DHT産生を減らす効果がより大きいのです。

つまり、DHTが原因で脱毛や薄毛が進行している人ほど、フィナステリドは効果があるということです。遺伝子を見てべてホルモン感受性を調べると、プロペシアがどれくらい効果があるか分ります。メルク社が20~50歳のAGA患者に行ったプロペシアの国内臨床試験によると、プロペシア1mgを1・3・5年間服用することで次のような結果が出ています。

1年間の服用→ 改善効果があった人 58%、現状を維持した人 40%
2年間の服用→ 改善効果があった人 68%、現状を維持した人 31%
3年間の服用→ 改善効果があった人 78%、現状を維持した人 20%

現状維持と改善の合計はいずれも98~99%ですが、服用期間が長いほど現状維持から改善に向かう人の割合が増えています。

服用方法

1日1回1mgを水などで服用します。服用する時間は朝でも夜でも、食前でも食後でも構いませんが、飲み忘れのないように時間を決めておきましょう。飲み忘れに翌日気が付いた場合は、前日の分まで一度に飲むのは止めましょう。お酒を飲んだ日や風邪をひいているときでも、いつも通り服用してかまいません。

※服用中は献血できません。服用をやめてから、最低でも1ヶ月はあける必要があります。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

【使用上の注意】

フィナステリドに対する過敏症状のある方、妊娠、妊娠の可能性のある女性、肝機能障害のある方・小児、胎児など、プロペシアは男性器の成長に関係するDHTを抑制する薬なので、未成年は服用しないでください。女性も服用することはできません。とくに妊婦と授乳中の女性は絶対に服用しないでください。また、プロペシア服用中は献血をしないでください。その血液が妊婦に輸血されるのを防ぐためです。

プロペシアの効果があらわれるまでには少なくとも半年はかかります。また、通常数年にわたって使用する薬です。服用を中止すると再び脱毛が増えてきます。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

補足

薄毛が気になりだしたら、なるべく早い段階でAGA治療をはじめると育毛の効果がより期待できます。発毛促進に有効な成分「ミノキシジル」が配合された「ツゲイン」、「ヘアフォーユー」などを使った脱毛の予防を並行して行うことでより効果が上がります。

ツゲイン5ツゲイン5(発毛促進)は日本皮膚学会が最高ランクとして推奨する発毛促進に有効な成分「ミノキシジル」が配合されています。頭皮の毛細血管を広げ、血液の循環を改善することにより育毛促します。また、毛包を増やす、成長してない毛髪が休止期に入るのを阻害する作用もあります。

*ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

プロペシア(AGA治療薬)