疥癬(かいせん)の症状と治療法

疥癬(かいせ)は、無気門亜目ヒゼンダニ科のダニ、ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症です。湿瘡(しっそう)、皮癬(ひぜん)とも言われ、知られている皮膚疾患の中で、掻痒(皮膚に感じるかゆみの)は最高度と言われています。

また、疥癬には、通常の疥癬と過角化型疥癬があり、通常の疥癬はせいぜい1患者当たりのダニ数が千個体程度ですが、過角化型疥癬は100万~200万個体に達し、症状も非常に酷くなります。

疥癬(かいせん)の症状

人体に感染すると、約1~2月前後で発症し、主に、顔以外の腹部や腕、脚部、手足の末梢部、外陰部(生殖器のうち体外に現れている部分)に、赤い小さな丘疹(きゅうしん、発疹が皮膚面から隆起した状態)や、疥癬トンネル(ミミズ腫れのような線状の皮疹)を発症し、激しいかゆみがあります。

疥癬01 疥癬

疥癬(かいせん)治療法

病院に行く場合は、皮膚科になります。内服液の服用、軟膏剤、ボディーローションを塗り、治療します。疥癬は非常に痒みがありますが、かくと酷くなり治りも遅くなります。

疥癬(かいせん)の感染原因

非常に感染率が高く、性行為に限らず接触による感染、さらに、人から人だけではなく、衣類、寝具、タオルなどの共有での感染などがあります。また、免疫力が低下時に感染すると、発症しやすいく、症状も酷くなる事が多いです。

疥癬(かいせん)予防法

感染原因が多々あるので、残念ですが、完全な予防策はありません。

 

 
性感染症(STD)検査キット
 

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す