淋病(りんびょう)の症状と治療と予防法

淋病(りんびょう)は、淋菌 の感染により起こる感染症で、一回の性行為での感染率は約30%と言われています。性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20 ~30%)している場合も多いです。

淋病(りんびょう)の症状

感染後、比較的早く発症し数時間から数日で症状が現れます。咽頭(いんとう(のどにあたる部分))に感染した場合、咽頭炎、性器の場合は、淋菌性尿道炎(男性のみ)、子宮頚管炎(女性のみ)が起きます。また、咽頭・性器などの粘膜のほか、尿道、子宮頸部、直腸などの内膜や、眼の結膜を侵す事もあります。

主な症状としては、男性の場合の多くは排尿時や勃起時などに激しい痛みや不快感を伴います。また、尿道から白濁色の膿が出たり、精巣の腫れる事もあります。

女性の場合は、おりものの増加、不正出血、下腹部や性交時の痛みなどの症状がありますが、多くの場合、自覚症状がなく単なる膀胱炎や膣炎と判断してしまう事があります。ただし、放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に発展する場合があります。

淋病に感染した人のうち性器クラミジア感染症している人が20%~30%いると言われています。

淋病(りんびょう)の治療法

病院で治療する場合、男性は泌尿器科・性病科、女性の場合は産婦人科・性病科が主で、咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科になります。

治療法は、スペクチノマイシン、セフォジジム等の抗生物質の投与で3日~数週間が目安です。ただし、抗生物質は医師に処方された分をきちんと服用しきることが大切で、途中で服薬を中止すると、再び淋菌が勢いを盛り返し完治しないだけでなく耐性菌(抗生物質などの物理的・化学的作用に耐えて増殖できる変異した菌)の出現を誘発してしまう場合も有ります。

淋病(りんびょう)に有効な薬
クラビットジェネリック(レボクイン)250mg

アジー1000mg

淋病(りんびょう)感染の原因

性行為全般、オーラルセックス(フェラ)により感染します。その他、タオルからの感染も報告されていますが。淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失います。また、出産時に母子感染を起こす事もあります。

淋病(りんびょう)の予防法

不特定多数(確率的にその中に感染者が含まれているため)との性行為の自粛、またコンドームの着用によるセーファーセックス (性感染症やHIVに感染するリスクを下げるように配慮した性行為)で病原菌の感染を防ぐことが可能ではあるが、100%(完全)防ぐ事が出来ると言う訳ではありません。口から口へという経路やオーラルセックスでの感染もあると言う事を念頭に入れておきましょう。

淋病(りんびょう)に有効な薬
クラビットジェネリック(レボクイン)250mg

アジー1000mg

性感染症(STD)検査キット

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す