性器ヘルペスの症状と治療と予防法

性器ヘルペス (せいきヘルペス) は、単純ヘルペスウイルスによって発症する性行為感染症です。口唇や顔などの上半身に症状が出る1型の口唇ヘルペスと、下半身に症状が出る2型の性器ヘルペスがあります。

性器ヘルペスの症状

感染すると、2日〜10日間で発症し、性器に赤くブツブツした水泡を形成します。その後、水疱は潰れ、潰瘍状(かいようじょう(膜や皮膚の表面が炎症を起こしてくずれ,できた傷が深くえぐれたようになった状態です)になり刺すような、あるいは、ヒリヒリとした激しい痛みを伴ないます。また、患部近くの神経麻痺を起こす可能性があり、排尿障害や排便障害などの機能障害を来たすこともあります。

男性は、亀頭や陰茎体部に症状が出ることが多く、太ももやおしり、肛門周囲、直腸粘膜に出ることもあります。女性は、外陰、腟の入口とおしり、子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあります。

男女共に、一度感染したら、再発する確率が非常に高いが、初感染時より症状は軽く、治りも早くなります。

性器ヘルペスの治療法

治療法としては、5~10日間薬を服用し、軟膏を塗布します。ただし、単純ヘルペスウイルスは神経節に潜伏するので、身体から完全排除される完治薬はまだ出来てはいません。

ストレスや体力低下、セックスなどの刺激でウイルスが再び活性化して症状が再発する可能性は非常に高く、現在のところ、一度感染したら再発を抑制させる方法しかありません。

再発抑制療法は保険が適用され、抗ヘルペス剤のアシクロビル(商品名:バルトレックス・ゾビラックス)を原則一年間、毎日定期内服と、抗ヘルペス剤軟膏塗布の両方を行う事が出来ます。

⇒性器ヘルペスに有効な薬

 

性器ヘルペスの感染原因

性行為全般、オーラルセックス(フェラ)により感染します。初感染者の相手 (セックスパートナー) の70%が無症状という報告があるので無症候性 (症状が出ない) 性器ヘルペス患者が多く、男女比の感染者割合は女性感染者の割合が多い傾向にあります。

性器ヘルペスの予防法

何もしない事が一番の予防策ではありますが、現実的な対策としては、不特定多数(確率的にその中に感染者が含まれているため)との性行為の自粛、またコンドームの着用によるセーファーセックス (性感染症やHIVに感染するリスクを下げるように配慮した性行為)で病原菌の感染を防ぐことが可能ではあるが、100%(完全)防ぐ事が出来ると言う訳ではありません。口から口へという経路やオーラルセックス(フェラ)での感染もあると言う事を念頭に入れておきましょう。
⇒性器ヘルペスに有効な薬

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す