性器クラミジア感染症の症状と治療と予防法

性器クラミジア感染症(せいきくらみじあかんせんしょう)は、クラミジア・トラコマチスにより発生する性行為感染症で、日本では、感染者数が一番多い性病になっています。

性器クラミジア感染症の症状

感染後1~3週間で発症し、男性の場合、尿道から膿が出て痛みを伴う場合もあります。症状がでない事が多く気づかずに、治療をせず放置しておくと、前立腺炎、副睾丸炎(精巣上体炎)、肝炎、腎炎になる事もあります。

女性の場合はおりものが増えたり、不正出血や下腹部に痛み、性行為時に痛むなどありますが、自覚症状がない事が多いと言われています。なので、感染に気づかず保菌している場合が多くあります。

放置しておくと子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎、卵巣炎などを引き起こす事があり、子宮外妊娠(卵管妊娠)や不妊の原因となる事もあります。

喉に感染した場合、痛みや痰が増えたりしますが、無症状の場合もあります。また、クラミジアに感染していると、他の性行為感染症HIVとAIDS(エイズ)の感染率が飛躍的に高くなります。

性器クラミジア感染症の治療法

病院で治療をする場合、男性は泌尿器科、性病科で、女性の場合は産婦人科、性病科が主になります。 咽頭感染(いんとうかんせん(喉への感染)の場合は耳鼻咽喉科になります。

どこに感染しても治療法は同じで、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗生物質、抗菌剤を2週間程度投与する事で治療できる。

症状は数日でなくなる事が多いが完全に死滅していない事があり、また、薬に耐性のある耐性菌(抗生物質などの物理的・化学的作用に耐えて増殖できる変異した菌)も増加しているので、医師の指示通り服用し完治の診断が出されるまで定期的に通院することが望ましいです。

<性器クラミジア感染症に有効な薬>
クラビットジェネリック(レボクイン)250mg

アジー1000mg

性器クラミジア感染症の感染原因

性行為全般、オーラルセックス(フェラ)、キスなどにより粘膜に感染します。感染するのは部位は、咽頭、尿道(男性のみ)、膣内(女性のみ)で、相手が咽頭感染している場合通常のキスでは感染する可能性は低いが、ディープキスの場合は感染率が高くなります。

性器クラミジア感染症の予防法

不特定多数(確率的にその中に感染者が含まれているため)との性行為の自粛、また、コンドームの着用によるセーファーセックス (性感染症やHIVに感染するリスクを下げるように配慮した性行為)で病原菌の感染を防ぐことが可能ではあるが、100%(完全)防ぐ事が出来ると言う訳ではありません。口から口へという経路やオーラルセックスでの感染もあると言う事を念頭に入れておきましょう。

<性器クラミジア感染症に有効な薬>
クラビットジェネリック(レボクイン)250mg

アジー1000mg

 

性感染症(STD)検査キット

最も人気がある睡眠導入アプリ

コメントを残す